FXで稼ぐ

FX投資の稼ぎ方って、どんなものか?
FXで稼ぐために必要なこと、気になることを集めてみました。あなたがFX投資の初心者ならぜひ見てほしいものが数多くあります。
TOP PAGE > 外国為替取引を手短にいうと円と外国通貨

外国為替取引を手短にいうと円と外国通貨

外国為替取引を手短にいうと円と外国通貨の取引の差額によって儲けを出すというものです。取引初心者でも簡単に儲けられると流行ったこともありますが、稼ぐ機会がある反面、多大な損出が生じることもあります。

しっかりと危機を踏まえた上で開始してください。



安直にFX取引に手を出してしくじった人も多いです。
ここ数カ月のうちに円安が急激に進み、その後も乱高下の繰り返しとなっている為替市場ですけれど、FXで大きく儲けを出している人も多くいると思います。


大島優子がイメージキャラクターをつとめていることでより注目されている外為オンラインで新規口座を開設してFXをし始めたという方も多いみたいですね。
FXには、様々な専門の用語があります。
指値や逆指値といったような言葉は、FXに限らず、株でも用いたりします。

指値注文というのは成行注文と比べてみて、計画的な取引が望めるという長所がある反面、取引が成り立ちにくいという弱点があります。

逆指値注文だったら上手に使うと、損切りが迅速に行えます。
FXはレートが上がることにより利益となって、レートが下がることで損失になります。ですので、単純に考えるとFXでの勝率は50パーセントといえます。しかし、実際のところの勝率は、10パーセントに満たないといわれています。

勝率が低いのは、レートの上下がない状況もあることが挙げられます。


FX投資に興味があるなら、はじめに利用するFX会社を指定してください。FX会社ごとに様々な特色があるため、よく調べて選びましょう。



決めたFX会社のサイトから、口座の開設を申し込むと、審査がスタートされ、審査に合格すると、必要書類が手元に届きます。



投資資金を口座に振り込んだら、いつでもFX取引をスタートできます。FX人気の一番のワケは、レバレッジが利用できることが挙げられるでしょう。



一般の株取引などの投資の際には、少額ではない投資資金が必要となりますから、取引初心者には難しく感じられるものです。しかし、FXのやり方なら少ない取引の資金でその何十倍もの取引が可能なため、初めての方でも始めやすい投資法だといえます。

情報では、差金決済で1日に何遍でも取引可能なことを利用してスキャルピングという方法を使うことが可能です。



この手法では一度のトレードの利益は少しですが、取引の回数を増やして少なめの利益を積み重ねていくのが普通です。


利益確定、損切のpipsも、初めから決めておきます。

外貨預金もFXも為替相場の差益による利益を狙った外貨を経由する投資方法です。
外貨預金と情報とでは利用する金融機関が違い、外貨預金を行う場合は銀行や信用金庫、情報は、証券会社やFX業者を利用します。外貨預金は預金により、お金を増やすため、為替相場がゼロにならない限りは資産を完全に失うことはないですが、FXの場合、資産が完全になくなることがあります。



情報のデモトレードを行うことで、はっきりしなかった取引方法を確認することができます。



情報は、他の金融商品よりも分かりやすい面もありますが、実際に経験してみないと判明しないポイントも少なくないので、FXの模擬取引で、ちゃんとどのようなものなのか体験してください。


初めてFX投資をする方は、やった方がいいのは確実です。

FX投資で利益を出すためには売買における規則が重要だといわれていますが、FXの運用ルールとは、単純にいうと取引法を指します。規則に従って取引を行うことで、リスクを最小限にでき、利益を上げやすくなります。このルールは自分で作成しても構いませんが、自信がなければ成功している人のルールを真似た方が良いでしょう。



FXのレバレッジはどのくらいが良いかといいますと、始めたばかりの方でしたら、2から3倍ほどが妥当でしょう。トレードの限度は利用するFX業者によっても変わるので、高いトレードをかけることのできる業者もあります。しかしながら、その分リスクも高まってくるため、少しのレートの変動でもロスカットをすぐにされてしまいます。最近では、システムトレードによって、FX投資する人が無視できない数になっているようです。

FX取引では、買った外貨が前触れなく、大幅に下がると動転してしまって、上手く損切りを実行できないケースがあります。

少しでも損失を小さくして済ませたいという思いが損切りする機会を逃させてしまうのです。
FXの取引スタイルは、各種あります。swap派投資家も多いと思います。swap派は、短期間の売買はせず、数ヶ月、長い期間であれば、数年ポジションを維持しています。これぐらいの長期に渡りポジションを保有できれば、高い金利の通貨だとswapでとても儲けが出るでしょう。


FXの主流は、短期でのトレードです。



通常は、デイトレといいます。

デイトレの「デイ」とは、日本時間で指す0時から24時ではなく、ニューヨークでいう時間になります。



要するに、世界における金融は、ニューヨークを中心に動いているというわけなのです。
短期トレードは価格が急激に変化する危険度が低くなりますが、そのかわり、大きな利益も得にくくなります。FXの素人が気をつけなくてはならないことはトレードを管理しておくことです。相場の動向が予測と逆行しているにもかかわらず、適当に買い下がっていると、知らない間にトレードが高くなっていて、証拠金維持率などを見ていないと強制的にロスカットさせられます。


ロスカットさせられることになれば、大きな損失が確定することがほとんどです。

FXのスプレッドというものは狭い方が有利となります。スプレッドが広い幅であればあるほど利益が出るのに時間も掛かるし、リスクが高くなってしまいます。


特にビギナーの方は、スプレットの幅が狭く設定されているFX会社を選ぶほうがいいでしょう。併せて、スキャルピングトレードやデイトレードも、有利なのはスプレッドが狭いほうだとされています。



FX取引で負けがこむと、そんな負けを取り戻そうと躍起になるためによりお金を使い込んでしまう方も多くおられるものです。
そうすると、結局、大きな損失に繋がってしまう可能性もあるので、FX口座に必要以上の資金を入れないように気をつけましょう。
これは必要以上のお金を口座に入れておくと、まだ余裕があるなと、感じてしまって結局、どんどんとお金をつぎ込んでしまうようになるかもしれないからです。



FXで取引を行っていると、ついつい欲が顔を出してしまって、高いレバレッジをかけての取引をしてしまいがちです。

そうなると、最悪の場合には証拠金が足りない状況となり、二度と相場への復帰ができなくなってしまいます。
そんな状態にならないためにも、FXに親しむまでの期間は、2〜3倍くらいの低いリスクで取引を行っておく方が安心です。

FXと外貨預金との差に、元本保証やトレードの利用といったものがあります。

外貨預金というのは銀行へ預け入れるお金ですから、元本は基本的に保証されます。
FXではトレードを使うことができ、手持ち資金の数十倍以上の金額で運用することも可能となりますが、逆に言えば大きな損失が発生してしまうこともあるので、リスクも高くなるのです。

通貨の素人は、本当に取引をする前にデモ取引で稽古するのが妥当です。

通貨のデモ取引で、画面操作を覚えると、実際の取引を円滑に始めることができます。

さらに、実践に則って取引の訓練ができるので、相場勘を培うこともできるでしょう。
FXによる取引をする時、業者のツールを使えば移動平均線が絶対といっていいほど示せるようになっています。
一番シンプルでトレンドを把握するには大事なテクニカルツールです。



慣れると、一目均衡表などを使用することもありますが、移動平均線が基本は誰もが見ている大事なツールです。

FXでは取引を繰り返すごとに徐々に負担になっていくのがポジションを持つ時にかかってくるスプレッドです。このコストはパッと見ると微量でまったく大した額にならないように見えても、主となっている短期取引の場合だと取引をする回数が多い分だけ、ちりも積もれば山となるのです。

ですので、最初の業者を選ぶときにスプレッドを重要視するのはかなり大切なこととなります。
FX取引で適切なエントリーポイントで入ることは非常に重要です。


最も適したエントリーポイントで入れれば、短時間で大きな利益を出すこともできます。

また、たとえ想定が外れた場合でも損切りの時の被害が少なく済むのです。
とはいっても、100%完全なポイントは難しいので、90%あたりを目指すことがよいでしょう。FXのことを、日本語でいうと外国為替による証拠金取引のことで、ドルと円など、異なる通貨同士による為替取引です。

為替相場は1日毎に変動するものですが、FXはその変化を利用して通貨同士による売買を行い、為替差益を獲得する投資方法です。ここ最近では、低収入でも始められる外貨投資法として、海外だけでなく、日本でも人気となっていますね。通貨をし始める際には、どの通貨ペアにするか、迷うこともわりとあります。


初心者でも、比較的攻略しやすいとされる通貨ペアはあるのかどうか気になります。


様々な通貨ペアのうち、通貨の初心者の方に良いのがドル円なのです。ドル円というのは相場の波が比較的緩やかで情報も取り入れやすいので、攻略しやすいと考えられます。

取引に常にあるリスクとして追証が存在します。当然ですが、FXでも避けられないことです。あまりにも利益を求めようとしすぎてギリギリの資金で行おうとすると、証拠金の維持率を切ってしまうこともよくあるのです。そうすると、取引が思い通りにいかなくなるため、余裕を持った資金によってまわすことが利益に繋がります。

外貨預金は外貨と円の変換時に、銀行に手数料を払わなければなりません。でも、FXのケースでは、まったく手数料がなしでたいていの業者と取引が行えますので、割と軽い感覚で取引を行えます。
ただし、トレードを利用せずに資産運用を長期的に行うのであれば、倒産のリスクをなどを考慮して資産は銀行へ預けたほうが無難です。FXのシステムトレードというのは前もって売買ルールを決めておき、裁量を交わさずに注文する取引方法です。
ツールを使うことが多く、取引の際、精神的なストレスを感じにくく、注文を躊躇せずにすむのがメリットです。でも、システムトレードでは、市場の急激な変化の対応が難しいです。FX取引について経験のある方はロスカットというシステムがどんなにトレーダーにとって大切な救済措置なのかということを感覚としてご存知だと思います。
そんな人でもFX取引の始めたては、ロスカットになりたくなくてだんだんと損失が大きくなってしまったというようなことがあるのではないでしょうか。

FXで利益を上げるポイントは予め利益確定や損切の規則を作っておくことです。


仮に、定めていないと、利益が出ている際にどの水準までポジションを持ち続けていいか判断が困難になりますし、損失が発生している場合には、正常な判断力を失ってしまって、損失が大きくなるリスクがあります。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 FX投資の稼ぎ方って、どんなものか? All rights reserved.